スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

見直し(旦那)

今日は午前中だけボランティア活動に参加してきました。
だんだんとボランティアに参加する方が増えているらしく、朝のミーティングの時点で100人を超える人が集まっていました。ありがとうございます。


いまだに緊急時避難準備区域が決定されない南相馬市ですが、県が細かい地点で放射線量を調査した結果が出始めました。
南相馬市に限ると全体的に海側と平地の数字が低く、山側と窪みや高台になっている部分の線量が高いようです。
近所のよく行く公園の数値は地上1mで時間あたり1.5マイクロシーベルトのようでした。

このように地点ごとの数字を見ていくと公式で発表されている町ごとの数字は低い地点の数字が発表されていることが分かります。
恣意的ではないのですが、公式発表のために計測している地点が開けている町中なので結果として低くなってしまうわけです。
相馬市にしてもいわき市にしても山側の数字は高いことがわかりますし、やはりもっと細かく計測して避難区域の設定をしていった方が良いのでしょう。

今日の福島のテレビ報道では福島市の小学校で窓を締め切り校庭に一切出ないことが放送されていました。
今後線量が劇的に下がるとは思えないので気温が上がると続けることができない対策です。
子供だけ疎開ということも考えていく時期なのかもしれません。


参考に県のhpのアドレス
http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
原子力災害情報欄の下の方の学校のモニタリングとモニタリング・メッシュ調査が各地の数字の一覧です。

さて、思っていた通りとはいえかなりバラつきのある数字を見せられると、この地域で生きていくことの難しさを再確認してしまいます。
首相が言った言わないで騒がれたエコタウン構想に乗っかるかとか夫婦で話をしたりしますが、なんにせよ国の対応を待っていたら遅すぎるので今後をどうするか見直し中です。
一旦大阪に戻るなりして外から見ることも必要かもしれません。

関連記事

テーマ:地震 - ジャンル:日記

2011.04.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 【東日本大震災】

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。