スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

また暗い気分(旦那)

最近町中ばかりを散歩していたので今日は郊外を歩いてみた。
震災前は町中で大型犬を連れまわすのが大変だったので郊外が主だった。
久しぶりの道をいくと以前は室内飼いだった犬が庭に繋がれている。
いつもより余計に吠えられて早足になるマルスへ付いていくのは大変だ。

避難所に連れて行けなかったり、防犯の意味もあって外に繋いでいるのだろうか。
今日見た犬の中にアバラの浮いたビーグルがいた。
大食いのビーグルのアバラが浮くなんて・・・
生きているということはたまに餌を貰っているのだろうけどツライものを見てしまった。


先日放射線の基準値見直しで年間20ミリシーベルトになるらしいと書いたが、早速適用されるようだ。
福島県の子供に。
3,4日前に福島県内の幼稚園や小中学校の校庭の環境放射線数値を計測し発表された。
福島市の学校はところどころで時間あたり5マイクロシーベルトを超えていて大丈夫なのかと思ったのだが、テレビでこの内容が報道された時に補足として県の放射線アドバイザーが10マイクロシーベルトまでは大丈夫だから心配しないでとされていた。
それにしたって校庭で運動したりしたら土埃が口に入るだろうし校庭といったら校舎の敷地だから学校どうするんだろうと思っていた。

今日の新聞記事によると文科省の見解として児童の年間被曝許容量は20ミリシーベルトということになるそうだ。
20ミリもあったら少々線量が高くても問題無い。
心配しすぎかもしれないけど、薬害とか公害とかと同じ道を辿る可能性はないのだろうか。
最初は安全だといって結局ダメでしたの道。

児童の許容量が20ミリシーベルトということを受けてか、県は今週から県内各地でかなり細かく放射線を測定するらしい。
20ミリとなればかなり高い数値が出ても困ることは無いよなと思ってしまうのは穿ち過ぎかな。
日本は原発を作るには狭すぎるんだよ。
すぐに人口過密地帯に汚染が広がってしまう。
子供は大人より影響が有りますって言ってた専門家はどこへ行ったのかな。
今こそ声を大にしてテレビに出ようよ。

低線量は健康に影響が無いという説にすがりたくなる気分です。

関連記事

テーマ:地震 - ジャンル:日記

2011.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 【東日本大震災】

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。