スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

水漏れ

風呂の蛇口を交換したのが2月1日。
3月1日に取り付け口から極少量の水漏れを発見しました。
配管および接続部分がボロなので水漏れは覚悟していたのだけど思ったよりは早かったかな。

とりあえず綺麗に付け直すことにして本日作業しました。
接続部のゴミを取り除いて、シールテープを巻き直して再設置。

まだ漏れます・・・

もう一度。

まだ漏れます・・・

もう一度。

まだ・・・


どうもやり方を間違えているようだと思い、ネットで水漏れの直し方を検索。
やっぱり手順自体は間違えていない。
もう少し詳しく調べてみたところ、どうやらシールテープの巻き方で一手間足りなかったようだ。

シールテープとは接続部分のねじ山にテープを巻きつけて隙間を埋めるもの。
取り付け説明には4,5回巻いて緩ませないとか、時計回りに巻けとか書いてあります。
今まで何度か使った時は説明書通りにやって問題は無かったのだけど今回はダメ。

さて何が足りなかったかというと、巻いた後に更に指でテープを馴染ませる一手間。
ねじ山にテープを埋め込むように馴染ませると隙間が埋まって良いらしい。
その時に挿入部分の厚みを薄くしてテープの巻きを山型にするとなお良し、って写真が無いと分かり難いですね。
しかし、残念ながら写真はありません。撮り忘れました・・・


今回覚えたこと。
シールテープを使うときは巻いた後に指でなじませよう!



追記:ちなみに馴染ませ術を覚えてから3回失敗してようやく水漏れは止まりました。
   やはりボロいことも問題のようです・・・

関連記事

2011.03.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 風呂・洗面

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。