スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

双葉ばら園

473.jpg

土曜日に双葉ばら園に行って来ました。園のサイトを見て知ったのですが、6月だけは開園時間が5時半だそうですよ。ちょっと奥さん5時半て。6月がバラの季節だと言ってもこの時間はすごい、びっくりです。そんな時間に開けても採算が合うなんて。みんな早起きだなあ。

私たちは昼過ぎに行きました。「うちから車で何分かかるんだい?」と所要時間をダンナに聞くと「奥さんで40分、オレで30分」だそうです。私どれくらいトロトロ運転やねん・・・(実際そのとおりなんだけど)

説明では最盛期は6月初めまでで、今はすでに終わりかけとのことでした。うんうん確かに。枯れて茶色くなった花も多かったし、散って地面が花びらだらけでした。でも十分きれいでしたよ。広い庭園いっぱいにばらの香りもしていましたし。嗚呼、やっぱりうちの庭もローズガーデンにしたいわあ…と改めて思いました。

474.jpg

大きな鉢に小さな花がたくさん。こんな鉢が庭にあったらいいなあ。じゃまかなあ。

475.jpg

巨大なつるばらの壁。これはすごい・・・。上のほうとかの世話大変そう。

476.jpg

全体的な庭としてのセンスはいまいちですね。色がうるさいかな。でもバラ園だししょうがないのかな。いやいや、やっぱりバランスは大事。取ってつけたような彫刻もアレだし。10年くらいたったら馴染んでくるのかな。

477.jpg

このバラはたぶん1株だったです。だとしたらすごい!

バラは花の形や大きさ、花のつき方、木かつるかなど、いろんな種類分けがありますが、私はカップ咲きのつるバラが好きです。色は白からピンクにかけてがいいかな。でもこうやって本物の花たちを見ると、どの花もそれぞれの良さがあって甲乙付け難しです。真紅は真紅なり、黄色は黄色なりの良さがあるしミニバラだって美しい。

でもあまりにも種類も色も豊富なので、自分の庭にと考えればやはり主役を決め、それに合った脇役を配置していく・・・のがいいのかもしれないです。

うちにあるバラで好きなのは、ピエール・ド・ロンサールとマダム・イザック・ペレール。ピエールはピンクのカップ咲きですごく可憐。ちょっとクラッシックなイメージ。マダムはものすごく香りがよく、紫に近いくらいに濃いピンクのバラです。どちらを主役にするのか、来年の春までに決めなくては~!(気分は月影千草と言ったところかしら)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ←クリックよろしくお願いします。

関連記事

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2009.06.22 | | コメント(0) | ガーデニング

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。