スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

襖の張替え

307.jpg

暖かくなって、とうとう襖にとりかかる気になりました。

長かった。

299.jpg

まず桟をはずします。
これはお正月に来た友人がやってくれていました。
桟をはずした状態のまま廊下で4ヶ月熟成させていました。

300.jpg

ふすま紙を襖の大きさに切ります。

301.jpg

1mの金差しが見当たらなかったので50cmのもので。
襖の紙は繊維が入っていて切りにくい(思ったほどではなかったけど)ので、
カッターは常にピンピンの状態にしておきます。
カッターの刃を使うたびに折るのは、
版下作業をしていた頃の癖です。(20年近く前の癖)

304.jpg

市販のふすま紙の裏面には糊がしてあるので、
スポンジで水を含ませて拭き、糊を浮かせます。
紙が伸びて糊が浮くまで2,3分待ちます。

302.jpg

襖の上に紙を置き、刷毛で伸ばします。
中央から隅に。慣れると上手に空気を抜くことができるようになります。
少々よれていても紙が乾くときに伸びてピンとするので平気です。

305.jpg

天気がいいのですぐに乾きます。
これを両面繰り返す。

そして桟を元通りに張るのですが、ここで苦労しました。
糊が弱くて、貼った紙の端が浮いていたのですが
これが桟に上手く入らない。
端がぶよぶよしてしまい、結局、桟を嵌めてから
マイナスドライバーでちみちみと押し込むことになりました。
すごく面倒でした。

今度するなら端だけはしっかり糊をするようにしたいと思います。

306.jpg

まぁ、細かく見れば突っ込みどころ満載ですが
なんとか貼り終わりました。

細かい修正はまた折りを見て少しずつしていきたいと思います。

しなきゃしなきゃと思っていたことができて嬉しい週末でした。

関連記事

2009.04.11 | | コメント(0) | 和室

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。