スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

手がやばい

換気扇の取付は木枠を取り付けるところまで終了した。
233.jpg


木枠のまわりの隙間をコーキング材で埋めたのだけど、塗りこめた道具を洗おうと思ったらコーキング材が手にベッタリと付着。

適当に水で手を洗ったら落ちるかと思ったのだが、手でこすっても伸びるだけで全然落ちなくずお湯+中性洗剤でまったく落ちず伸びまくり。どんどん薄く広がって手首の先がコーキングされたようになり白手袋状態に。

こりゃやばいっってことでタワシでこすりまくりなんとか落としたのだけど手はボロボロのアカギレ状態になってしまった。今キーボードうつのも辛いです・・・



さて今日は友人が庭の枯れ木を片付けてくれるということで来てくれまして、庭の枯れ木が全部片付きました。結構大きめの木2本分だったので軽トラックで3回運んでもらいました。感謝感謝。


そのついで・・・というより今日の作業のメインだったのが畳切り。

和室をフローリングに張り替えたので20枚の畳を処分しなくてはいけなかったのですが、業者に見積もってもらったところ1枚1500円かかるとのことで全部で3万円。結構な値段です。

その業者が不確定有益情報をくれました。半分に切るとゴミ処理場で引き受けてくれると。
要するに半分にすれば燃えるゴミ扱いにしてくれるってことなのでしょう。ホントかどうか分からないけど。

それから一ヶ月ぐらい畳を寝室に積んだまま放置していたのですが、
先日妻がゴミ処理場に電話をしてくれまして、半分に切り6畳分ぐらいづつ持ってくればokとの返事をえました。

それで昨日から畳切りを始めていたのですが、ネットで調べたところたいてい丸ノコで切っているみたいでした。真似して丸ノコでやってみたのだけど、これがまったく切れない。すぐに刃が噛んでしまって止まってしまう。なんだかモーターが焼ききれそうな気がしたので3枚切ったところで昨日はやめておきました。

1日2枚ぐらいづつ切っていこうかなと思っていたところ、枯れ木を運んでくれた友人がチェーンソーを持ってきてくれるということになり渡りに船でお願いすることに。

さすがにチェーンソーはよく切れます。ばっつんばっつん切って畳切り全部終了。

枯れ木も畳もリフォーム作業の邪魔になっていたので今日いっぺんに片付いてとても満足です。
いやぁ持つべきものはチェーンソーだ。いや友か。ありがとう。

232.jpg




ちなみに畳切りには他の道具も試してみたので軽くまとめ。
今回切った畳は中心に断熱材(スポンジ状?)の入ったものでした。
畳の種類によって切れ方が違うの思われるので参考程度にどうぞ。

・丸ノコ。
前述のとおりすぐ刃が止まる。どうやら畳に使用されているタコ糸が噛むみたい。
草も長いため葉にからむしキックバック(反動で丸ノコが飛ぶ)が多くて結構危険でした。

・グラインダー
切断用のグラインダーがあったので使ってみた。草相手だけあって切れるのだけど摩擦で燃えそうでやめた。焦げくさくなったので畳1枚水浸しにした。火事は怖いわ・・・

・カッター
これが結構使える。普通のカッター、300円ぐらいのやつ。
子供のころ畳の上で下敷きなしにカッターを使い畳をボロボロにした思い出もあるが、結局のところ畳は草なのでカッターで良く切れる。
さすがに全部切っていくのは面倒なのだが一つ方法を編み出した。

まず丸ノコで両端に切り込みを入れる。目印がわりと端の布を切ってしまうため。

230.jpg

次に畳の表と裏のタコ糸をカッターで切る。そのまま表と裏にカッターで切り込みを入れていく。

231.jpg


ここで畳を二つ折りにする。
ここがミソなのだけど丸ノコとカッターの切り込みがあるので案外簡単に折れる。
折れない時はもう少し切り込みを深くすればok。
片面の切り込みを深くしてそちらを二つ折りしたときの山側にすれば楽。
二つ折りにした畳は折れ目のところの繊維がパンパンに張るのでカッターで更に簡単に切れるようになるという仕組み。(二つ折り写真撮り忘れ)
5分ぐらいで1枚切断できたのでチェーンソーが無い人にはお勧めの手法だと思いますよ、一生に一一度も畳を切る機会は無いと思われますが・・・

・チェーンソー
1枚切るのに1分かかりません。断然おすすめです。タコ糸にだけ注意、たまに噛みます。

234.jpg
すごい量…

関連記事

2008.12.07 | | コメント(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。