スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

もうすぐ5歳(妻)

お久しぶりです。妻の方です。

震災のときにいろいろ書きたいことがあって、当然夫とは意見が違うところもあって、それを同じブログに書くとややこしくなるかなーと私だけアメブロに移住したのでここしばらくはこっちに書き込みしていなかったのですが。

マルスがあと1ヶ月ちょっとで5歳になると気づき、こっちにも少し。

マルスは震災のちょうど2年前に生まれた子です。誕生日は3月10日です。

一軒家での夫との二人暮らしが始まって、子どもの頃から夢にまで見た「犬と一緒の生活」ができる!と、それは喜々として里親さんの元へマルスを貰い受けに行ったのを覚えています。

そして1歳の誕生日の次の日に地震。大阪へ避難。また福島へ。今度は京都に。(京都では2カ所を移動)いろんなところを点々として、今はマルスと夫だけが福島に戻って生活し、私は京都に留まって現在に至るです。マルスは生まれてからたった4年の間に何回も大きな引っ越しを経験して大変だったと思います。事情がわかっている人間でも大変なのに事情がわからない犬にはさぞかし大きなストレスになったことだと思います。

私は京都と福島の両方を行き来しています。こんな生活になった理由の1つは夫の家業が忙しくなって京都からの後方支援では仕事が追っ付かなくなったこと。事実、1年は夫が京都と福島の往復生活をしていました。私が一緒に福島に戻らないのは2年の間に築いた京都での仕事や生活の基盤をすぐに断ち切れないことと、福島に帰って来ても帰る家がないことです。夫は寝るときだけ以前暮らしていた家で寝て、他の時間は実家で生活しています。その家もこの春には人手に渡る気配です。

マルス逢いたさに毎月福島に通っていますが、正直今の生活は苦しいです。基盤はやはり1つの方が落ち着きます。私も早く落ち着いて暮らしたいのですが、先行きがまだまったく分からない状態で、大きな決断は出来ずにいます。

しばらくはこんな生活だと思います。来月は夫の誕生日ですが仕事の都合で一緒に過ごすことはできなさそうです。

マルスの誕生日も微妙です…。お祝いしてあげたいんだけどな。

でも月日が経つのは早いですね。あのマルスがもう5歳。大型犬の寿命から考えるともう中年期に差し掛かろうとしているんです。たった5年で中年…。私があれこれ迷っているうちにもマルスはどんどん歳を重ねることでしょう。そう考えると早期に決断しなくてはいけない問題が多々あるような気がします。

夫とマルスと私の生活。



ー2010年以前の日記を見ながら・妻ー

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

2014.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(妻)

web拍手 by FC2

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。