スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

web拍手 by FC2

早い

改装する暇もなく10月いっぱいで引っ越すことになりました。
電気と水道は業者に頼んで直してもらうことにしましたが、内装は住みながらになりそうです。

スポンサーサイト

2014.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

一時復活。

また引っ越ししてリノベすることになりそうなので、ここに改造風景でも載せていこうかなと。
年内中には始動する予定です。

2014.08.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

もうすぐ5歳(妻)

お久しぶりです。妻の方です。

震災のときにいろいろ書きたいことがあって、当然夫とは意見が違うところもあって、それを同じブログに書くとややこしくなるかなーと私だけアメブロに移住したのでここしばらくはこっちに書き込みしていなかったのですが。

マルスがあと1ヶ月ちょっとで5歳になると気づき、こっちにも少し。

マルスは震災のちょうど2年前に生まれた子です。誕生日は3月10日です。

一軒家での夫との二人暮らしが始まって、子どもの頃から夢にまで見た「犬と一緒の生活」ができる!と、それは喜々として里親さんの元へマルスを貰い受けに行ったのを覚えています。

そして1歳の誕生日の次の日に地震。大阪へ避難。また福島へ。今度は京都に。(京都では2カ所を移動)いろんなところを点々として、今はマルスと夫だけが福島に戻って生活し、私は京都に留まって現在に至るです。マルスは生まれてからたった4年の間に何回も大きな引っ越しを経験して大変だったと思います。事情がわかっている人間でも大変なのに事情がわからない犬にはさぞかし大きなストレスになったことだと思います。

私は京都と福島の両方を行き来しています。こんな生活になった理由の1つは夫の家業が忙しくなって京都からの後方支援では仕事が追っ付かなくなったこと。事実、1年は夫が京都と福島の往復生活をしていました。私が一緒に福島に戻らないのは2年の間に築いた京都での仕事や生活の基盤をすぐに断ち切れないことと、福島に帰って来ても帰る家がないことです。夫は寝るときだけ以前暮らしていた家で寝て、他の時間は実家で生活しています。その家もこの春には人手に渡る気配です。

マルス逢いたさに毎月福島に通っていますが、正直今の生活は苦しいです。基盤はやはり1つの方が落ち着きます。私も早く落ち着いて暮らしたいのですが、先行きがまだまったく分からない状態で、大きな決断は出来ずにいます。

しばらくはこんな生活だと思います。来月は夫の誕生日ですが仕事の都合で一緒に過ごすことはできなさそうです。

マルスの誕生日も微妙です…。お祝いしてあげたいんだけどな。

でも月日が経つのは早いですね。あのマルスがもう5歳。大型犬の寿命から考えるともう中年期に差し掛かろうとしているんです。たった5年で中年…。私があれこれ迷っているうちにもマルスはどんどん歳を重ねることでしょう。そう考えると早期に決断しなくてはいけない問題が多々あるような気がします。

夫とマルスと私の生活。



ー2010年以前の日記を見ながら・妻ー

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

2014.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(妻)

web拍手 by FC2

年末進行てことで(夫)

お役所相手の仕事なので年末は締切が早くてチョー大変でありました。

普通は休みが長いと良いのだろうけど、長期の旅行などしないので休みは短いほうが良い(笑)
1月も役所の仕事はじめが6日なので忙しい予定となりそうです。

とりあえず無事今月の締切には間に合ったので年末年始休みはダラダラと書類書きをしておこう。
ついでに自分の家のことも色々やらんといかん。


福島に戻って2カ月ばかり過ぎて、いろんな人からずっと福島に居るのか~と聞かれるけど、
わかんね~って答えてる。
実際、フラフラ癖があるので定住するのかは自分でもさっぱり分からん。
家を買うか建てるなりしたら諦めるのかもしれないけれど、それにしても経済的な損得の問題であってホントは家など欲しくない。
縛られたくないとか考える、まだ子供みたいな思考なんですねー。もう40近いのに(笑)

来年は親から畑を5000㎡もらう予定なので再来年春からは作付できるようにする計画はある。
農業を始めて面白かったら定住確定かな。
あれは毎年の積み上げだから作物を育てるという部分以上に土地を育てる意味合いのほうが強いしね。

家を買うにしても借りるにしても原発20キロ圏内に住めるようになるのは再来年春でほぼ決まりのようなので、
とりあえずそれまでは仮住まいのような生活を続けようと思う。
20キロ圏内に住めるようになると確実に土地や家が余るからね。
それまでは妻に頑張って京都から通ってもらおう。
あまりにも忙しくて京都には全然行けないし。

忙しいといっても仕事の単価がそんなに高くないので稼げているかと言われると数字的には微妙。
新規の仕事や誘いが多いので、もっと仕事の範囲を拡大すれば稼げるのだろうけど一人でやるのは無理!
かといって人を雇うところまでやる気も無い。
京都の時は同業で一緒に動ける仲間みたいな繋がりができていたので知らん仕事も面白かったから、こちらでもそんな人達を見つけることができれば業務拡大もアリなのかねぇ。

いやしかし、ゲームもしたいし、英会話教室も面白いし、サッカーにも誘われているし、来年12月にはハーフマラソン走らなあかんし、自転車旅もしたいし、てな感じで遊びの予定も多いから仕事量はこれ以上増やせませんな(笑)

2013.12.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

車(夫)

ちと車の調子が悪くて修理。
同じ軽自動車だけど先代の車とはタイヤのサイズが違って冬タイヤ購入。

タイヤを買う際に次の車のことも考えてサイズを選んでみた。

次も軽を買おうかなというところです。

でかい車は好きじゃないのですよね~。

キャンピングカーも考えたのだけど、近年中に家を買うかもしれんので車は当分軽でよいでしょう。

大きな車は実家に3台あるから借りれば良い(笑)

ちっこい軽が良いのだけど犬の輸送を考えて、次はNBOXにしようかなと思ってます。

でかい軽ですわ~。きっと犬も喜びますね。

でも次の車検まで今の車に乗りそうな気もする車に興味が無い男です。

2013.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

脱走犬(夫)

門の隙間から犬が脱走するので抜け出るところを塞ぐのだが、何日かすると違う穴から脱走していてイタチごっこ状態である。
今週末は大がかりな対策を施そうと思うが、それでも脱走するんだろうなぁ。

寒くて家のことを全然やっていないので、来週妻が来るけれどひと月前と何も変わってないと言われそう(笑)

2013.11.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

旅行(夫)

年末年始に旅行にでも行こうかと思って宿探し。
犬が中型と大型の境ぐらいの大きさなので中型犬までしか泊まれないところだとメールで大きさの確認をしなくてはいけない。
基準がはっきり決まっているわけではないので体重と背の高さなどで宿側に判断してもらう感じ。

19キロ、体高50センチ。ああ微妙。

2013.11.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

経費(夫)

12月も近づいてきたので少し経費を使っておこうと考えパソコンを新調した。

まぁ、ケチくさく安いものをネットで買ったのだが、今日届いてみたら思ったよりデカくて笑ってしまった。

妻のG4並にでかいぞ~。

しかし今まで使っていたのが5年前のpcなのでサクサク動いて良いもんですね。

さて設定で一晩潰すかな…

2013.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

さむいさむいさむい(夫)

10日ほど妻が福島に滞在していたので日記はサボりました。
また一人暮らしなので暇をみて書きましょう。

夫婦とも福島に住民票を移したので、正式には妻が京都へ単身赴任している状態です。
いまだ将来どこに住むか決めていないので、気分的には京都の家が自分ちな感じなんですけどね~。

しかし福島はめっさ寒い。寒いよ~。
犬も寝る時は寒そう。でかい犬小屋を京都に置いてきたので早速送ってもらうことにしました。
送料1万円也。たか~いけどまた買うよりは安い。
あー寒い。

2013.11.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

読書(夫)

ちょうど2年前に読んだようでblogにも書いたようだ。
宇宙卵を抱く

前回読んだ時、具体的に何を思考したのかは忘れてしまっている。
しかし、現在自分が置かれている状況を整理するにはこの本が必要かと思い再読してみた。

そう思ったのは、この本に散りばめられているキーワードに接する機会が増えたことであるのだが、実体験に照らし合わせて読み返すと以前難解に感じた部分がすんなりと自分に落とし込むことができた。

最近ずっと荒地だった自分の思考、状態が整地された感がある。

ここで具体的な感想を表出しておけば次回読んだ時の参考になるのだろうが、文章にできるほど自分のものにはなっていないので、読んだ!ということだけ記録しておく(笑)

2013.11.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記(夫)

web拍手 by FC2

«  | ホーム |  »

☆☆☆

Profile

妻+夫

Author:妻+夫
南相馬市を離れ、京都に移住(仮)。このまま京都に居着くのか、それともまた福島に帰るのか、今のところまだ決まっていません。

☆☆☆

☆☆☆

QRコード

QR

☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。